<< 本日ショールームはお休みです | main | 主役はウォールアート・vintage fabric panel >>

掃き出し窓を玄関に・プチリフォーム

みなさまおはようございます

 

昨日はお休み頂きまして、1日現場作業に出ておりました。

IMG_3933.jpg

少し前にもブログでご紹介していた現場。

帽子屋さんのアトリエに生まれ変わる1室。

戸建住宅の掃き出し窓を、ドアにチェンジしてアトリエの入り口にというリフォーム。

 

IMG_3370.jpg

作業前はこんな感じでした。

いたって普通の掃き出し窓ですね。

 

IMG_3931.jpg

地面からの高低差があるので、ウッドデッキでステップと踊り場を設置。

ドアの開く向きなど考慮して、踊り場の広さなども決めました。

結構変化ありますよね?

 

IMG_3930.jpg

メインのドアはヴィンテージドア。

かなり大きなドアだったのですが、掃き出し窓のサイズに合わせてリサイズ。

上下をバランスよくカットしました。

 

IMG_3916.jpg

ヴィンテージドアの横に約25cmほどの余白ができたので、明かりとりに型板ガラスをはめ込んだ

パーツを作って穴埋めにしました。

 

IMG_3936.jpg

今回のヴィンテージドア、ノブがかなりいい感じだったのでそのまま生かすことに。

 

IMG_3935.jpg

ノブの下にロックをつけました。

 

 

そしてさらにもう一仕事。

IMG_3937.jpg

室内のドアもチェンジ。

普通の室内ドアがついていましたが、どうしてもアトリエという雰囲気にはなれないドア。

そこでこんなドアを製作。

 

まるでチョコレートがくっついているみたいなドア。

かなり可愛いですよこれ。(作ったの僕ですが。笑)

 

IMG_3943.jpg

元々はこのアンティークのクローゼットの扉。

クローゼットをショーケースのような使い方をしようと扉を外したのですが、それを

「何かに使いたい!」というオーナーさんの希望でドアとなりました。

 

ちなみに一番上には木の板が乗っていたのですが、よりショーケースらしく使えるようにガラス板にチェンジ。

明かりも抜けてより使いやすくなりました。

 

 

IMG_3836.jpg

こういったカスタムは好きです。

手間はかかりますけどね。

にしても本当に板チョコみたい。

 

IMG_3940.jpg

チョコレートのようなデザインを生かすために、ベースとなるドアはシンプルにマットなホワイトで。

 

IMG_3941.jpg

ちなみに両面にチョコついてます。笑

押して・引いてで開くドアに仕上げました。

この方が出入り楽ですからね。

 

IMG_3938.jpg

良い感じに収まって良かったです。

チョコが生きるように、ドアのフレームの太さや厚みなど結構考えましたが

楽しいお仕事でしたね。

 

IMG_3942.jpg

ついでにランプの設置などもお手伝い。

 

このオーナーさんとはなかなか長いお付き合いでして、古い物を扱うお仕事もされていて、さらに物作りもできる。

どこか通ずる感覚があり、打ち合わせからスムーズに事が完了できました。

オーダーメイドの帽子屋さん。

オープンが楽しみです。

 

 

僕はパーマという帽子を毎日被ってまして、これに帽子被っちゃうと誰だかわからなく

なってしまうかなと...

パーマが活きる帽子って作れるのかな?

上だけ穴あいてたらパーマ出てくるけど、ただのサンバイザーになっちゃう。笑

今度聞いてみます。

 

 

さて、もう週末ですね。

本日は通常営業なんですが、明日はオープンが遅れます。

27日(土)通常営業

28日(日)14:30~

 

日曜日は私用でどうしても時間が必要でして、ちょっとご迷惑をおかけします。

日曜にご来店予定だったお客様は、のんびりお越しください。

 

 

ではでは、みなさまのご来店お待ちしております!!

 

 

chair-chair ショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

www.chair-chair.com

info@chair-chair.com

 

 

 

at 09:45, chair-chair KASHIWA, オーダー家具

-, -, pookmark