<< Thank you SOLD!! vintage bubble lamp | main | Mid Centuryの旅・Ace Hotel and Swim Club >>

Mid Centuryの旅・Bank of America 1959

みなさまおはようございます

 

昨日もたくさんのご来店、ありがとうございました!

数組のお客様と今回の旅の話に盛り上がり、とても楽しい1日でした。

 

今回訪れた場所はどれも思い出に残っていますが、この建物はとても印象的でした。

 

IMG_1491.jpg

Bank of America(City National Bank)

1959年にRudy Baumfieldによってデザインされた建物です。

現在はBank of Americaによって使われながら、建物は大事に維持されています。

これについては、国からも評価されているそうです。

 

IMG_1490.jpg

とにかくどこから見ても丸みがあるデザインが可愛い!

こんな幼稚園あったら楽しいのにと思いながら、じっくりと観察してきました。

 

IMG_1494.jpg

このせり出したキノコの頭のような屋根。

砂漠の厳しい日差しを避けるためのデザインだそうです。

なるほどですね。

 

IMG_1495.jpg

印象的なスカイブルーの壁面。

 

IMG_1493.jpg

これ実際はタイルなのです。

 

IMG_1492.jpg

近くで見ると結構不揃いなタイル。

そしてこのブルーとイエローの色合わせがとても可愛いです。

タイルのサイズをあえて変えているところも面白いですね。

 

IMG_1496.jpg

窓枠も可愛い

 

IMG_1497.jpg

この装飾も可愛い

 

IMG_1498.jpg

どこから見ても可愛さが消えない建物。

このデザインのヒントは、ル・コルビュジェがデザインしたチャペルが元にあるそうです。

 

IMG_1499.jpg

このドライブスルーは当時からあったのかわかりませんが、同デザインとなってますね。

 

 

今回の旅で目にしたミッドセンチュリーの建物は、どちらかというと直線的なデザインが多かったので、

この丸みのある建物はとても印象に残っているのです。

 

パームスプリングスのダウンタウンの下の方に位置し、道が二股になるY字のコーナーに建っているので

訪れた誰もが一度は目にするかと思います。

いつまでも維持されて欲しいですね。

 

 

お客様と旅について雑談すればするほど、パームに飛びたい気持ちが上がりっぱなし。笑

また来年、同じ時期に行けたら最高ですね。

 

 

そういえば1つネタが。

アメリカへの旅行の際にみなさん登録するESTA。

LAに着陸15分前の機内アナウンスを聞き、入国審査の事が頭に浮かびその時初めて

ESTAの存在を思い出しました。

ここ最近は娘達との旅ばかりだったので、事前にESTAなどの期限の確認は当然していたのですが、

今回一人旅という事で完全に頭から抜けてました。

「もしかして期限切れてる?」という最悪の事が頭を過ぎり、ちょっとアウトかもと。笑

 

着陸して入国審査へ並びパスポートを機械に通すと、一応レシートも出てきました。

これで大丈夫なのかどうなのか、スタンプもらうまでは落ちつけなかったのですが結果OK。

 

ESTA未登録の場合どうなっちゃうのか試した事ないのでわかりませんが、どうなんですかね?

入国させてくれないのか、なんだかんだ時間がかかっても入れるのか。

 

最悪、入国できなかったら行った風なブログを書くしかないかなと思ってましたよ。笑

こんな経験しちゃうと、今後は2度とESTAチェックを忘れることはないと思うので良かったです。

 

みなさんも気をつけましょう!

 

 

本日も通常営業。

連休最終日、おヒマなようでしたら遊びに寄ってください!

 

ではでは、後ほど店頭でー

 

 

 

chair-chair ショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

www.chair-chair.com

info@chair-chair.com

 

 

at 09:29, chair-chair KASHIWA, アメリカ買い付け・旅

-, -, pookmark