<< ちょっと大変、でも楽しいオーダー家具製作 | main | カリモク60 Winter Fairは本日まで! >>

George Nelson Bubble lamp ・ヴィンテージを選ぶ理由

みなさまおはようございます

 

連休初日、たくさんのご来店ありがとうございました!

昨日はどちらかというとSWITCHやカリモク60をご検討のお客様が多く、張り生地や

構造などのご説明しまくりの1日でした。

 

そんな中ヴィンテージにも動きが。

IMG_0609.jpg

昨日のinstagramでもご紹介しましたGeorge Nelsonのバブルランプ。

実は今回買い付けしたバブルランプは、全てネルソンコレクターからの入手でした。

バブルランプの他にもかなりのアイテムを持ってましたね。

 

久しぶりに店頭に吊られましたが、早速のご売約が。

 

IMG_0544.jpg

スモールサイズのソーサーが旅立ちました。

 

IMG_0545.jpg

1箇所だけ目立たない箇所にキズがあるくらいで、グッドコンディションなソーサー。

 

IMG_0546.jpg

そして良い色合い。

 

IMG_0547.jpg

基本的にソケットとコードは新品に交換するようにしていますが、ご要望があればオリジナルの

ソケットもストックございます。

 

IMG_0625.jpg

良い感じの色合いとヤレ具合。

 

I様、この度はご購入ありがとうございました!

お部屋のお写真待ってます!

 

 

ソーサーも人気ですが、シガーもボールも人気。

Howard Miller時代のヴィンテージ・バブルランプは、どれもタイミング次第です。

IMG_0605.jpg

とにかく入手の数が減ってきていますね。

スモールサイズのシガーが2つありますが、どちらも破れもなく良い状態です。

 

IMG_0607.jpg

スモールサイズのボールも2つ。

こちらは小さな破れがありますが、吊る際に向きなど考えてもらうと目立ちません。

 

IMG_0608.jpg

ヴィンテージのバブルランプは現行品のそれとはかなりの違い。

一番の違いは色ですが、この色は約50〜70年という時間を経た結果です。

 

ならば現行品のバブルランプも数十年後には...と思っちゃいますが、ここまでになるにはかなり難しいかと。

1950年代の生活環境と今とでは随分とあらゆることが変化しています。

住宅や空間の居心地の良さや、喫煙環境などが大きく変化した部分かと。

よほど過酷な環境に吊らない限り、見た目の変化は感じられないのかなと思います。

 

日本でいう「味」がここまでプラスに評価される家具ってあまりないです。

色焼け・汚れ・変色によって、マイナスと評価されるアイテムがほとんどですよね。

 

ヤレ具合に対する許容はお客様によって異なりますが、確実に言えることはみなさま

色づいたヴィンテージを欲していると言うこと。

もちろん僕もそうです。

 

頑張って集め続けたいと思います。

 

ちなみに新品ですとこのくらいの白さです。

明かりが灯っていない状態です。

綺麗です。

白いですね。

これはこれで素敵なんですが、ヴィンテージを見慣れてしまうとなんだかちょっと寂しいのです。

 

 

本日配達業務で12:30からのオープンとなります。

みなさまのご来店、お待ちしております!

 

ではでは、後ほど店頭でー

 

 

 

chair-chair ショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

www.chair-chair.com

info@chair-chair.com

 

 

at 10:10, chair-chair KASHIWA, Eames

-, -, pookmark