<< ニューヨークアートの旅/ブルックリン探索 | main | 配達日記・別注オーダーのダイニングチェア などなど >>

ニューヨークアートの旅/航空母艦Intrepid

みなさまおはようございます

 

ニューヨークアートの旅/航空母艦Intrepid

 

めっちゃテンションの上がるミュージアムへ行ってきました。

 

IMG_7066.jpg

Intrepid Sea, Air & Space Museumが正式名称。

ヤバイです!

カッコイイです!

 

IMG_7060.jpg

太平洋戦争やベトナム戦争にも参戦している空母が、現在はニューヨークのハドソン川に停泊して

ミュージアムとなっているのです。

 

IMG_7106.jpg

甲板には歴代の戦闘機がずらり。

マンハッタンのビル群をバックにめっちゃカッコイイ!

 

4BCA197B-D3CF-4B0B-BA84-08BDBF468F68.jpg

 

IMG_7117.jpg

TOMCATと記念撮影

 

IMG_7120.jpg

この羽が折れるやつ好きです

 

IMG_7104.jpg

潜水艦に乗れるツアー

 

IMG_7069.jpg

いきなりミサイルがお出迎え

 

IMG_7070.jpg

潜水艦内へ

 

IMG_7072.jpg

ミサイル飛ばすとこですね

 

IMG_7073.jpg

進んで行って思ったのですが、艦内って思っているよりも広いっていうか長いんです。

 

IMG_7098.jpg

狭い間隔でベッドがずらり

 

IMG_7095.jpg

憩いの場

 

IMG_7093.jpg

通信室

 

IMG_7089.jpg

よく見るやつですね

 

IMG_7086.jpg

通路は分厚い扉でこんな形になってます

 

20分くらいのツアーでしたが、それでもなんだか息苦しさを感じたくらい。

これが一度潜ると2ヶ月くらいはお日様が見れないというのだから、乗組員は本当に大変ですよね。

 

 

そしてお目玉でもあるのがコチラ

IMG_7129.jpg

スペースシャトル1号機のエンタープライズ号。

これが空母の中に入っているのです!

 

IMG_7133.jpg

記念撮影

 

IMG_7152.jpg

当然僕も。笑

スペースシャトルこんなに間近で見れる機会はないですからね。

 

IMG_7142.jpg

シャトルの真下に、打ち上げ当時のお茶の間セット。

星条旗のTシャツが似合うナイスガイと。

 

IMG_7165.jpg

艦内にも戦闘機やヘリ、様々なアイテムが展示されています。

 

IMG_7169.jpg

例によってすぐにお腹が空く長女。

フードコーナーで食べましたが、正直オススメでないです。笑

食事は外でしましょう。

 

IMG_7170.jpg

コンコルドもいましたね。

これもカッコイイです!

 

 

1024px-Intrepid_museum_aerial.jpg

上空から見るとこんな感じ。

 

Space_Shuttle_Enterprise_delivered_to_the_Intrepid_Museum.jpg

シャトルを運び入れる様子。

何事もスケールがでかいですね。

 

 

これでもかなり画像を間引いてご紹介しました。

結構見所ありのミュージアムでして、子供も大人も楽しめます。

特にアメリカ人は親子で好きですからね。

 

 

今回ニューヨーク・シティパスというお得に観光名所を回れるパスを購入して行ったのですが、

このIntorepidも含まれています。

 

以外にも、タイムズスクエアからバスで15分くらいで着いちゃいます。

 

このミュージアムに限らず、電車だと駅を降りてからまぁまぁ歩く必要がある場所でも、

バスだとすぐ近くまで行けちゃうことも多いです。

Google mapでルート確認は念入りに。

 

 

さて、この週末は通常営業。

本日もみなさまのご来店、お待ちしております!

 

 

ではでは、後ほど店頭でー

 

 

*まだまだ旧ショールームにご来店頂いてしまう事が多いようです。

現在は下記住所になりますのでご注意下さい!!

 

chair-chair ショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

www.chair-chair.com

info@chair-chair.com

 

 

at 10:04, chair-chair KASHIWA, アメリカ買い付け・旅

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://isuya.jugem.jp/trackback/1553