<< vintage Holophane lampをお届け設置 | main | KARIMOKU NEW STANDARD勉強会 >>

記念日にイームズを

みなさまこんばんは

 

土曜日は静かな1日でみんなどこ行っちゃったんだろう?と思ってましたが、

日曜日はドッとご来店があり慌ただしくなってしまいました。

不思議なことに、お客様って重なるんですよね。

ご来店頂いた皆様、ありがとうございました!

 

 

この週末もヴィンテージイームズが旅立ちました。

IMG_0511.jpg

淡いグリーンがかったグレーという珍しいカラーのサイドシェルチェアと、

スモールドットの生地で張り替えたツーピース・プラスチックチェア。

 

IMG_0510.jpg

サイドシェルはブラックのHベースを組んで、よりシェルのカラーが生えた感じです。

背面からの眺めもとても相性良い2脚。

 

今回、ご結婚の記念にとヴィンテージのイームズを揃えて頂きました。

ご主人はサイドシェルのカラーを気に入って頂き、奥様はツーピースの座り心地に惚れてくれました。

記念にヴィンテージのイームズなんて、とても素敵なご夫婦です。

末長くご愛用頂ければと思います。

 

I様、この度はご購入ありがとうございました。

お近くなのでまた是非遊びに寄ってください!

 

 

そしてそんな素敵なお話の続きが...

IMG_0150.jpg

少し前に旅立ったこのアームシェルチェア。

家族が増える記念でと少し前にご購入頂いた1脚なのです。

素敵なご夫婦だなぁと思っていたのですが、先にご紹介したI様ご夫妻とお友達とのこと。

いやいや、両ご夫婦ともに素敵すぎます...

I様より無事にご出産されたと聞いて安心しました。

U様、赤ちゃん落ち着いたら是非遊びに寄ってください!

 

IMG_0156.jpg

このアームシェルですが、「もうこんなの出ないかな」と思わされるくらいのコンディション。

ミントコンディションってやつですね。

 

IMG_0163.jpg

背中のファイバーがめちゃくちゃ綺麗です。

 

IMG_0162.jpg

2ndの証のラージマウントにXベース。

 

IMG_0160.jpg

当然ビスまでオリジナル。

このビスがまた手に入らないので、ちゃんと4本残っていることに意味があります。

 

IMG_0161.jpg

そしてこの赤ラベル。

Zenithの1stから3rd以降に移り変わる、つなぎ目に当たる年に製造されていたのが

このTrasitionになります。

2nd-generationまたはTransitionと呼ばれていますが、この赤ラベルがとにかく少ないです。

1stのZenithラベルの方がむしろ多く見かけますからね。

若干ラベルが削れていますが、このくらいは許容範囲。

無くなってしまっているものがほとんどなので。

 

1stのシェルチェアは実用するにはやや不安があります。

個人的にはこの2ndが好みですし、しっかり実用するにはオススメです。

希少性と実用性を兼ねていて、良い部分がギュッと詰まった感があります。

ウンチク揃いの2nd、気になりませんか?笑

 

このグレーの他にも2ndのシェルがいくつかございます。

ご興味ございましたら是非店頭でお試しください。

 

 

この週末も、リノベや新築のお客様がやはり多かったです。

みなさん個々に違ったお悩みがあるようですが、そんな悩みがある今がとても

楽しい時でもあるかと思います。

でも、悩みすぎちゃうと楽しくなくなっちゃうので、行き詰まったらお気軽にご相談ください。

何かしらの突破口が見つかるかもしれません!

 

新築は自ら経験しているので何かと具体的なお話ができますし、リノベは実際にリノベされた

お客様のお住いの様子をあれこれ目にしています。

まぁ、とにかくお気楽にご相談を。

 

 

ではでは、また明日ー

 

 

 

 

*新HP間もなくです。

あれこれと入荷はございますので、ブログ等で見かけて気になるアイテムがございましたらお問い合わせ下さい。

 

*まだまだ旧ショールームにご来店頂いてしまう事が多いようです。

現在は下記住所になりますのでご注意下さい!!

 

chair-chair NEWショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

chair-chair@good-chairs.com

 


chair-chair
http://www.good-chairs.com

 

at 21:38, chair-chair KASHIWA, 店長日記

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://isuya.jugem.jp/trackback/1397