<< アメリカ父娘旅〜入国編〜 | main | オーダーテーブルとお盆休みのご案内 >>

ファブリックパネル色々入荷ですが...

みなさまこんばんは

 

この週末もたくさんのご来店、ありがとうございました!

なんだかんだ、ブログやinstagramをみなさんチェックしてくれているようで

お目当ての物があったりして嬉しい限りです。

商品到着がお盆前に間に合うかどうか微妙なところですが、もうしばらくお待ち下さい。

 

今回、可愛いファブリックパネル入荷しています。

デザイナー不明ですが、色使いとサイズが絶妙です。

710x760mm

 

可愛いですねー

 

 

marimekkoのJOONAS

1220x600mm

 

この不思議感がいいです。

 

KaivoやUnikkoなど、marimekkoを代表する作品のデザイナーですね。

もちろんヴィンテージ。

 

どちらもコンディション良く、飾り易いサイズでオススメです。

 

 

 

そして、タイトルの含みなのがコチラ

IMG_7106.JPG

ヴィンテージのマリメッコのファブリックパネル。

とにかくでかいです!

高さは2660mmあります。

 

IMG_7090.jpg

我が家の壁面でこんな感じです。

存在感ありありです。

 

IMG_7097.jpg

背比べしてみるとこんなです。笑

すみません、これ我が家用です。

 

IMG_7093.jpg

脇坂さんのこのパターン好きです。

 

IMG_7105.JPG

 

IMG_6904.jpg

身長190cm越えのピートと比べてもこんなです。

実はこのファブリックパネル、2年前に見つけてました。

が、店主が「売りたくない」くらいの勢いで随分高い事も言われ見送ってました。

このヴィンテージショップをオープンした当時からお店の看板的に飾ってあったようで、

思い入れもあるとのことでした。

その後も気にはなっていたのですが、お店に寄りそびれたりでしばらく放置。

そして今年になって自邸が出来上がった時に「この壁にあれがあったら!」と思い出し

今回再訪問となりました。

 

結果的に売ってもらえたのですが、とにかくサイズがデカすぎて車にも乗りません。

そんな訳で方法としてはこれしかないなということで...

IMG_6905.jpg

店先でフレームばらしの荒技です。

フレームからファブリックを外し、フレームをノコギリで解体。

まぁまぁな人通りのストリートで、目の前はオープンカフェ。

「変なヘアーのジャパニーズが何かやってるぜ」って感じでみんな見てました。笑

そんな作業につき合わされるピート。

何よりも、売ってくれた店主の思い入れのあるパネルを解体する事に気が引けました。笑

 

そして目敏い方はお気づきでしょうか?

ピートの足元にはすでに解体されたフレームがありますね。

実はもう1枚同じサイズの違うファブリックパネルがあったのです。

ものすごく時間にタイトな時だったので、1枚目の写真撮り忘れました。

もう1枚もそのうちご紹介します。

同じくヴィンテージマリメッコになります。

 

イメージ通り我が家の壁にハマりました。

今回唯一自分のお買い物ということで、みなさまお許し下さい!

しばらく自邸に飾らせて頂きます。

 

 

ただ大きなファブリックパネルが欲しいというなら、新品のファブリックがあれば作れます。

これがヴィンテージになると話は別です。

ホントに無いんです。

だって、いくらアメリカでも動かすのも飾るのも大変ですからね。

無駄にデカイ、でもそんなのが欲しかったのです。笑

 

前回入荷分もまだ数枚ストックしていますので、ファブリックパネルご興味ございましたら

お気軽にお問い合わせ下さい。

ただ、できましたら色焼けやシミなど店頭で実際にチェック頂けると良いかと思います。

 

ではでは、また明日ー!

 

 

*新HP間もなくです。

あれこれと入荷はございますので、ブログ等で見かけて気になるアイテムがございましたらお問い合わせ下さい。

 

*まだまだ旧ショールームにご来店頂いてしまう事が多いようです。

現在は下記住所になりますのでご注意下さい!!

 

chair-chair NEWショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

chair-chair@good-chairs.com

 


chair-chair
http://www.good-chairs.com

at 19:48, chair-chair KASHIWA, 新入荷

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://isuya.jugem.jp/trackback/1360