<< 配達日記とテーブルリペア | main | ミニマムダイニングのコーディネートと山猫屋珈琲店 >>

Living with kids!

みなさまこんばんは

 

雨ですね〜

寒いですね〜

今日はのんびり店頭で事務作業してました。

 

 

自邸も少しづつ家族が生活しやすくなりつつあります。

住まいについて考えた時に、家族構成でお部屋造りも家造りも違ってきますよね。

我が家は娘x3ということで、子供達の住み易さも無視できません。

どの家庭も生活の中心はリビング。

なので、テーマは[Living with kids]でしょうか。

 

なんだか間延びした感じに見えますが、なるべくリビングの床が見えるようにしています。

床が見えるという事はそれだけ空間の余白ができるわけで、子供達も個々に居場所が作れるかなと。

画像はキレイに片付けてありますが、普段は段ボール工作やお絵描きの紙が散らばっています。

色んな物を踏まされて怒る日々です。笑

 

リビング奥はのんびりコーナー。

娘達はディズニーとか観ながらなんだかんだしてます。

赤いカーペットは実験的に使ってみましたが...あまりオススメではなかったです。笑

近々新たに取り扱うラグが入荷しますので、自邸でも試してみます。

 

イームズのキャッツクレイドルは、子供も大人も楽に座れてオススメです。

 

カーテンぽいのはカーテンではありません。

サイズも足りない布を壁にタッカーで直打ちという雑な目隠しです。

オーダーTVボードを散々製作しているのに、我が家にはTVボードありません...

このように、家具屋なのにあり物でなんとかして生きてます。笑

でも個人的にはこんな雑さが好きです。

 

 

リビング奥の壁面を娘達のワークスペースに。

我が家の壁面は石膏ボードではなく構造合板にペイント仕上げです。

なのでガンガン壁使っていけます。

躊躇なくビス打ちまくりテープ張りまくりです。笑

娘達のアートもインテリア。

 

 

ちなみに、デスクの上にある木製の物体はお城。

IMG_5389.jpg

先日、木で何か作りたいというので、設計図を書く事からやってみました。

色んな角度から立体的にイメージするように書いてみなと。

とにかく工作大好きな長女。

材料はなんとなく良さそうなサイズのを端材から用意してあげて、接着や色付けは自分で。

指示された通りにカットするのがパパ。

 

IMG_5392.jpg

刷毛だと色んな意味で荒れるのでペーパーでペイント。笑

 

IMG_5393.jpg

姉の作品と自分の作品を見比べる次女。

 

IMG_5395.jpg

そして完成。

屋根が増えてますが、けっこう設計図に近い感じの仕上がりに感心。

 

IMG_5394.jpg

次女は...たぶん電車です。笑

 

けっこう子供達との木工は楽しいです。

夏休みとかにお友達誘ってワークショップとかありかなと検討中。

ご興味あるパパさんママさんいるかなぁ?

 

 

話戻りますが、インテリアも建物もとにかく実験。

良い物は何が良い、悪い物は何がダメかを体験することで、リアルなご提案ができると思っています。

家を建ててみて、インテリアと建物との関係をあらためて知る事ができましたし、より考えるようになりました。

自分はたまたまこのような仕事ですから「試す」という事が可能ですが、お客様は「試す」ができません。

イメージだけで大きなお買い物をしなくてはいけません。

みなさん失敗したくないですし、そんな気持ちから無難な方向に行ってしまいがちです。

自ら試せない分、そこを補うご説明やご提案ができたら安心して楽しく選んでもらえるかなと。

ちょっと真面目なこと書いてみました。笑

 

そして真面目な事書いてたらお腹空いてきたので帰ります。笑

 

明日は定休日。

また金曜日にお会いしましょう。

 

おつかれさまでしたー

 

 

 

*新HP間もなくです。

あれこれと入荷はございますので、ブログ等で見かけて気になるアイテムがございましたらお問い合わせ下さい。

 

*まだまだ旧ショールームにご来店頂いてしまう事が多いようです。

現在は下記住所になりますのでご注意下さい!!

 

chair-chair NEWショールーム
千葉県柏市増尾1015-1
TEL/04-7100-4662

chair-chair@good-chairs.com

 


chair-chair
http://www.good-chairs.com

 

at 20:49, chair-chair KASHIWA, 住まいのこと

-, trackbacks(0), pookmark

trackback
url:http://isuya.jugem.jp/trackback/1332